Facebookページ

 スマこん会員向け

スマこんとは?

「スマこん」は、「スマートフォン向け新アプリケーション研究開発コンソーシアム」の略です。

スマこんと一緒に、もっと元気な いばらき へ。

私達は、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を、ICT、IoTおよびAIなどを含めて活用するための事業を推進するために、ニーズ調査・研究開発・製品化・販売を産学官連携により一貫して行うことで、茨城県の魅力度アップと経済活性化を図ります。

また、県民ニーズに応じてスマートフォンやタブレットなどの携帯端末を活用したアプリケーション開発の事業モデルを展開します。
スマートフォンを活用したアプリケーションについてアイデアをお持ちの方、業務に解決すべき課題を抱えている方からのコンタクトをお待ちしておりますので遠慮なくご用命下さい。

連絡先: 事務局 株式会社トータルシステムデザイン 高橋まで  info@smacon-ibaraki.org



○組織

会長:木田 文二(株式会社アルコ・イーエックス)

幹事:高橋 勝哉(株式会社トータルシステムデザイン)

幹事:鈴木 知明(ティー・エヌ・エス株式会社)

幹事:落合 俊 (関東情報サービス株式会社)

幹事:渡邉 秀人 (株式会社クリアタクト)

会計監事:奥村 真知 (株式会社プロンテスト)

正会員:スマこんの全ての事業に参加する会員

賛助会員:スマこんの趣旨に賛同し、その活動を助成する会員

特別会員:茨城県、茨城王(イバラキング)、他

オブザーバ:茨城県 産業戦略部 いばらきサロン


○結成の目的

本コンソーシアムは、県内のICT事業者を中心とする企業が連携し、県民ニーズの把握やそれらを踏まえた新しいサービスの提供により、民生活の利便性の向上および企業の研究開発環境の整備に資するため、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末への搭載を目的とした、新しいサービスおよび技術について研究開発を推進する母体となることを目的としています。


○テーマ

 茨城県の魅力度アップと経済活性化


○ビジョン

 1. スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を活用したサービスおよび技術の研究開発を行う

 2. 産学官連携により地域密着型アプリケーションの研究開発を行う

 3. 産学官連携によりニーズ調査から販売までの一貫した経済活動を行う


○事業内容

・スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を活用した新しいサービスの創造および研究開発

・新しいアプリケーションやそれを開発する過程で得られた研究成果やそれらの生産と販路の共有 など


※ このコンソーシアムは,産学官連携による地域密着型のサービスを開発・提供することを目指しています。

サブページ (1): 年間計画